包茎一番

当サイトでは、包茎に関する様々な情報を調べています。
現状の結論として、包茎こそが理想的な状態と思っています。


「包茎は恥」とする文化が日本にはありますよね。それで、皮かぶりとして、10代、20代の人は大変悩んでいるんじゃないでしょうか。さらに日々、目にする新聞や雑誌でも包茎手術の煽り広告が沢山載せられることにより、様々な人の意識の中にイメージ像として悪者と定着されていますよね。ですが、ほんとに悪者なのでしょうか?
海外に目を向けると仮性包茎なる単語は見当たりません。それもそのはず、海外では自然な状態とされ、剥けている状態を人工的なペニスとして区別しています。

PR

ペニス自体が大きくなれば、包茎なんか気にしなくなります。
管理人の私も体験して2cm大きくなりました。体験談はこちらにまとめました。
購入はこちらから。

あえて言います、私は、仮性です、私のペニスは包皮に包まれています。でも、包皮に包まれていても問題が起こったことは一度もありません。むしろ、悩んでいる人も問題が起こったことはないんじゃないでしょうか。
私は独自に調査していく中で医学的見地で包皮の有無に関することについて、最近ではペニスの包皮は善い者とされつつあり、包皮に包まれていることが良いとされています。
んがしかし、剥くことができない状態のペニスはまた違った問題があるようですし、いわゆる仮性包茎が肯定されているとしても、海外のことで、日本ではどうかといえば、悪者なんですよね。手術には反対しますが、包茎であることによる心理的な圧迫を感じ、マイナスな影響がでるようでしたら手術もやむなしかもしれません。人間の内面的な問題は何万年立っても進歩がないようですので、包茎であることのコンプレックスから逃れたいのなら手術か矯正をすればいいとも思います。でも、程悪いことではないことも知ってほしいです。
それで、仮性包茎肯定派としてこのサイトを立ち上げ様々な情報をこのサイトより提供しています。
サイトの特徴は、海外の情報を豊富に取り入れているところです。日本の医学界では、あまり包茎に関するレポートは見当たりませんが、海外に目を向けると様々視点からのレポートがあります。日本の医学界が怠惰なのか今更研究することでもないのかはわかりませんが、英語圏の情報の充実ぶりはすばらしいです。
2007.04 Yahooカテゴリに登録されました。