勃起と男性ホルモン

雑学

勃起と男性ホルモンには深い関係があります。
男性ホルモンは、アンドロゲンとも呼ばれており、その中には、テストステロンのほか、ジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロストロン、アンドロステロン、アンドロステンジオンなどがあります。
男性ホルモン(アンドロゲン)の役割は大脳の中枢に作用して性欲を調整します。性欲が無ければ、性的刺激があっても十分な勃起にはいたりませんよね。
男性ホルモンの主な機能は性欲をコントロールすることですが、最近では陰茎海面体の働きそのものにも作用しているとも考えられています。

男性ホルモンの中では、テストステロンの生理活性が最も強いと言われており、性欲減退によるEDの場合は、このテストステロンの減少に起因することがあります。
このテストステロンの分泌場所は男性の場合、約95%が睾丸(精巣)の中で、残る5%が副腎で合成されて、分泌されるます。

蛇足
前立腺がんの治療のひとつにがんの成長のもととなるアンドロゲンの生成を抑えるために精巣を摘出したり、薬剤によるアンドロゲンの生成を抑える方法があります。このケースで、アンドロゲンの生成が抑圧され、性欲が減退し、EDになってしまうこともあります。

ED(インポテンツ)のガイドへ戻る


 
Copyright 2006- All Rights Reserved