器質性勃起障害

基礎知識

心因性のEDは、ストレスなどの心の問題が原因で勃起障害になりますが、それに対して器質性のEDは、身体的な問題が勃起障害へつながる原因となるのが器質性EDです。
具体的な例として、糖尿病を患っている人の半数は、EDも併発しているとされ、他に、器質性の主な原因として、動脈硬化、高血圧、高脂血症、うつ、肝機能障害、腎機能障害などを患っている人にもEDに悩んでいる人が多数います。もしくは、投薬の副作用によってEDとなるケースもあります。
例を上げるときりがありませんが、年齢を重ねるごとに患う可能性のある病気と共にEDも発症してくるため加齢が進むとEDになりやすく、日々の健康管理がED予防につながりますね。

また、手術によってEDになる場合も器質性EDとなります。例えば、前立腺ガンの手術でガンを切除する場合、前立腺のすぐ側には、ペニスに向かう血管や陰部神経が通っているため、これらを傷つけずに手術するのは、極めて難しく術後にEDになる可能性があります。命をとるか勃起を取るかといわれれば答えは、出ていますがね。

ED(インポテンツ)のガイドへ戻る


 
Copyright 2006- All Rights Reserved