イギリスの統計

当サイトでは、包茎に関する様々な情報を調べています。
現状の結論として、包茎こそが理想的な状態と思っています。


トップへ各国の統計 ≫イギリスの統計

イギリスの場合は、古くから医学的見地により包皮切除手術を推奨し、世界に包皮切除の情報を配信していた過去があります。 医学的見地といっても、現代からみると相当怪しい医学情報ですが。。。 ですが、1949年にイギリスのガードナー医師の「包皮の運命」という論文が発表されてから手術は減少していき、近年では、低い手術率となっています。

Sexual Behaviour in Britain In 1994より

割礼の年齢別
16-24 12.5%
25-34 15.9%
35-44 26.4%

Trends in paediatric circumcision and its complications in England between 1997 and 2003より引用
年齢別包皮手術率

0-4 years 5-9 years 10-14 years age 15years
1997 3.2 3.2 1.3 3.9
1998 3.1 3.5 1.3 4.1
1999 2.5 2.9 1.2 3.3
2000 2.4 2.7 1.2 3.1
2001 2.3 2.8 1.2 3.1
2002 2.3 2.9 1.3 3.1
2003 2.2 2.9 1.4 3.1

総合的にみて人口の約20%が包皮切除手術を受けているようです。1900年代初期の統計情報がどこかで見かけたはずですからまた見つかり次第更新していきます。

包茎手術じゃない、自力包茎克服の指南書を販売してます。
手術が怖い人は こちら を参考にして、克服するといいですよ。