インド圏の状況

当サイトでは、包茎に関する様々な情報を調べています。
現状の結論として、包茎こそが理想的な状態と思っています。


トップへ各国の統計 ≫インド圏の状況

正確な統計値では、ありませんがインド及びスリランカ、バングラデシュに関する情勢を紹介しているサイトがありましたので紹介したいと思います。

http://www.circlist.com/rites/india.html

まずは、インドの宗教事情を知ると上記サイトの内容がわかりやすいと思います。
wikipedia-インドの宗教項目
宗教割合はヒンドゥー教徒80.5%、イスラム教徒13.4%、キリスト教徒2.33%、シク教徒1.84%、仏教徒0.76%、ジャイナ教徒0.40%、アイヤーヴァリ教徒0.12%となっており、この中でインドのイスラム教徒が儀式として割礼をすることについて様々な角度から上記サイトで詳細に説明しています。
また、スリランカ文化である村の割礼儀式を紹介しています。

統計値として、推測値が紹介されていますので引用します。

I have spent quiet a few years in the Indian sub-Continent, which needless to say, has a large Muslim population. India, where I spent a lot of time, has 1 to 1.2 billion people and about 15% to 18% population that was of the Islamic faith. Making that approximately 200 million Muslims and therefore at least 100 million Muslim males. I therefore had a good bit of exposure to Islamic/Muslim traditions including marriage, death and customs at birth and/or at puberty – i.e. circumcision.

概要
インドの人口は12億人とされ、そのうちイスラム教徒は15%~18%ぐらいの人口比になります。大体2億人のイスラム教徒がおり、そのうち半分が男性であるから1億人は割礼されたインド人となります。

推計値として、かなり大雑把に計算されていますがこれに自然と剥けている人が男性の20%ぐらいと考えるとイスラム教以外の男性人口を半分と見積もって5億人の20%前後+1億人ですから2億人のインド人はムケチンで、4億人は包茎であると推測されます。正確性はあまりありませんので、あしからず。

それにしても、10億人とか4億人とか日本の人口から考えると途方もない人口がインドにはいるんだと改めて感じますね。

包茎手術じゃない、自力包茎克服の指南書を販売してます。
手術が怖い人は こちら を参考にして、克服するといいですよ。