韓国の統計

当サイトでは、包茎に関する様々な情報を調べています。
現状の結論として、包茎こそが理想的な状態と思っています。


トップへ各国の統計 ≫韓国の統計

韓国の包茎に関する統計情報では、韓国男性の20代は8割以上が包皮切除手術を行っているようです。
調査レポートでは、イスラムやユダヤ人以外の民族の中では最も高い手術率となっています。

割礼率(非割礼率)
・ 16歳-29歳 84% (9%)
・ 30歳-39歳 83% (13%)
・ 40歳-49歳 69% (29%)
・ 50歳-59歳 50% (48%)

この包皮切除手術が始まった起源は、100年もたたない60年前の朝鮮戦争が原因とされています。
朝鮮戦争時にアメリカ軍と連携して戦った後もアメリカ軍は国内に留まり現在でも在韓米軍としています。この間にアメリカ軍人と交流をもち包皮切除の知識を得て、包茎手術が広まったとされます。
さらに現在では、包皮切除が文化として、包皮切除が半ば通過儀礼としての文化も形成されるようになっています。

最近では、減少傾向とまではいきませんが、包皮切除の医学的メリットが無いことが韓国医学会でも報告されるようになり、今後減少傾向にたどるかもしれません。

参考:Male circumcision: a South Korean perspective
一部翻訳紹介:韓国の割礼状況の論文

包茎手術じゃない、自力包茎克服の指南書を販売してます。
手術が怖い人は こちら を参考にして、克服するといいですよ。