カナダでのレポート

当サイトでは、包茎に関する様々な情報を調べています。
現状の結論として、包茎こそが理想的な状態と思っています。


トップへ英語サイトの概要翻訳 ≫カナダでのレポート

Neonatal circumcision revisited

サイト紹介
カナダの協会が出した包皮切除に関する声明です。内容は、包皮切除に対する費用対効果の評価となってます。

以下翻訳

タイトル:また新生児の割礼が始まった

目次

  • 概要
  • 真性包皮は何だ
  • 尿道感染症
  • 包皮切除の時期の影響
  • 性感染症
  • 陰茎がん
  • 子宮頚部癌
  • 包皮切除の問題
  • 幼年期のペニスの問題
  • 包皮切除の痛みの問題
  • 費用対効果の分析
    • 尿道感染症の防止
    • 陰茎がんの防止
    • 全体の評価
  • 結論
  • 参照先

概要
目的
医者が新生児割礼に関して両親にガイダンスを提供するのを援助すること。
オプション
新生児への包皮切除手術を推薦するかどうか。
結果
新生児に包皮切除を受けた男性と包皮切除を受けなかった男性との間の、尿道感染症、性感染症、陰茎がんの発症率、およびパートナーの子宮頸がん等の治療にようするコストの問題
根拠
包皮切除についての文献は、カナダのPaediatric協会のFetusとニューボーン委員会によって批評されました。24ヵ月の期間にわたる委員会の会議の広範囲な議論の間、証拠の力は慎重に確かめられました、そして、委員会の見通しは発展しました。
評価
レポートは新生児の包皮切除が少年と人の健康を増進しペニスの問題および関連する尿道感染症を予防することへの費用対効果の良いアプローチかどうか決めるために評価されました。宗教・個人の価値観は評価に含まれていません。
効果 害とコスト
尿路感染症の発生率に対する新生児の包皮切除の影響、性感染症、陰茎の癌、子宮頸癌およびペニスの問題、新生児の包皮切除;また包皮切除の合併症、および包皮切除の後のペニスの条件、等の治療のコストの見積もり。
勧告
決まりきってるが新生児への包皮切除は実行するべきではありません。
確認
この評価は、カナダのPaediatric協会と米国小児学会によって新生児の冗費切除に関して前回の声明に従っています。声明は、カナダのPaediatric協会のInfectious Disease委員会によって概説されました。カナダのPaediatric協会の取締役会は、その内容を検討して、公開のためにそれを承認しました。
スポンサー
これは、カナダのPaediatric協会の公式声明です。声明の準備のためでもカナダのPaediatric協会またはそのメンバーは外部の財政援助を全く受け取ってません。

以下省略

包茎手術じゃない、自力包茎克服の指南書を販売してます。
手術が怖い人は こちら を参考にして、克服するといいですよ。