包皮の機能に関するレポート

当サイトでは、包茎に関する様々な情報を調べています。
現状の結論として、包茎こそが理想的な状態と思っています。


トップへ英語サイトの概要翻訳 ≫包皮の機能に関するレポート

The intromission function of the foreskin.

レポート紹介
真性包茎と剥けるペニス(剥けているペニス)での包皮の有無による挿入時の力の負荷を計測したレポート。


以下翻訳

タイトル:包皮の挿入機能

概要
マスターズとジョンソンは包皮が性交時に広がることを示しました。しかし、彼らは、挿入が包皮によってより簡単にされることを見落としました。このことを調査するために人工な膣を使用し計りました。再三の計測で包皮に覆われている状態と剥けている状態で比較すると包皮に覆われている状態のほうが10倍の負荷の減少が示されました。包皮が負荷を減少するためには勃起したペニスの亀頭の大部分を覆わなければなりません。このことは人間だけに起こることかもしれません。これらの観察で、foreskin(包皮) と prepuce(包皮の同義語?)はもはや同義であると考えられないことを意味します。人間とチンパンジーのペニスがとても違う進化になった理由は、これらの調査結果を考慮して報告しなければなりません。

以下略
計測方法や、詳細な論証が示されています。

包茎手術じゃない、自力包茎克服の指南書を販売してます。
手術が怖い人は こちら を参考にして、克服するといいですよ。