オーストラリアの割礼と健全な性の普及状況の調査結果

当サイトでは、包茎に関する様々な情報を調べています。
現状の結論として、包茎こそが理想的な状態と思っています。


トップへ英語サイトの概要翻訳 ≫オーストラリアの割礼と健全な性の普及状況の調査結果

Circumcision in Australia: prevalence and effects on sexual health

サイト紹介
オーストラリアで行った、性に関する統計調査のレポートです。

以下翻訳

概要
16-59歳の10173人の男性を含むオーストラリアの家庭を対象(回答率69.4%)に2001-02年の間に行われた電話調査で、オーストラリアの社会における、割礼の普及、性感染症、性的不全、自慰または性に対する意識や実態を調査しました。
男性の半分(59%)は割礼されました。最近の若い20代の男性(32%)には割礼は一般的ではありません。割礼は年代の修正をした結果のデータから性感染症とは関係ありませんでが、ペニスのガンジタ症から保護しているように見えました。割礼は性的不全とも関係ありませんでした。しかし、割礼された男性の間からは、性的な問題、物理的な苦痛の報告はありませんでした。この理由は不明瞭です。女性との性的接触、もしくは自慰などに著しい違いはありませんでした。割礼を施された男性には、性的な寛容さがみられました。
1970年代までオーストラリアでは新生児への割礼は日常的なことでした。それは、有害な性の行動や健康を保護するためと関連がみられないようです。この研究は、性的な感度に対する影響については、研究対象外です。

イントロ
前の世代よりオーストラリアは、新生児が割礼される国から少数が割礼される国へと変わりました。経済的、そして、法的な人権と公共医療問題の影響に及ぼされて、この変化は主に医療機関によって導かれました。発展途上国の割礼を施された男性によるHIV感染のリスク低下に関する新しい証拠は医学の解釈とポピュラーなメディアで討論が再開されました。

この記事で、私たちは5つの質問に対する回答をみつけるために国民の調査データから調べます。

1)オーストラリアの割礼の普及の原因は何で、それがどのように年代や他の人口統計情報と異なっているか?
2)割礼をされた男性は、多かれ少なかれ性感染症の経験がありますか?
3)割礼された男性は、前年に性的な問題に陥った傾向はありますか?
4)割礼された男性と割礼されていない男性の間に性の能力差はありますか?
5)割礼された男性と割礼されていない男性の間に性的な態度は異なりますか?

以下略
以下詳細な統計データをもとに割礼の経験有無による、性感染症や性的不全、性に対する意識、態度の比較をしています。

包茎手術じゃない、自力包茎克服の指南書を販売してます。
手術が怖い人は こちら を参考にして、克服するといいですよ。