韓国の割礼状況の論文

当サイトでは、包茎に関する様々な情報を調べています。
現状の結論として、包茎こそが理想的な状態と思っています。


トップへ英語サイトの概要翻訳 ≫韓国の割礼状況の論文

Male circumcision: a South Korean perspective

サイト紹介
韓国における割礼の統計、分析をおこなった結果の論文

以下翻訳

概要
世界の人口の約80%は割礼を受けていません。割礼を受ける大部分の男性はイスラム教やユダヤ教の宗教上の理由から行われます。その中でアメリカはしばしば、宗教的理由で割礼されない唯一の国として紹介されます。このことは、正しい部分もありますが、韓国ではイスラムやユダヤ人以外の間で最も高い割礼率を持っています。さらに韓国の10代や大人が受ける割礼の絶対数は最も高いです。現時点では、地理的な隣国の間で割礼を慣習化した唯一の国です。例えば、ロシア、モンゴル、中国、日本の大多数の人口は割礼をしません。

韓国人の長い歴史の中で1945年まで韓国男性は割礼をしませんでした。この時期の韓国は36年の日本の占領から独立を獲得しました。独立は、国の南半分をアメリカの援助を得てもたらされました。その後、何千のアメリカ軍が1950年から始まった朝鮮戦争に関与して、その後もアメリカ軍は軍事施設等に関与し続けています。現在の10代や成人、幼児の慣習的な割礼は、このときのアメリカとの関係に起源を持っています。よって、1950年は大規模な割礼が韓国で始まった年と定義することができるでしょう。

この論文では、韓国男性の年齢層による割礼の割合や割礼された時期などの統計が示されます。さらに現状の起源は、以前の研究者、記事、教書などを参考にし、調査しました。

中略~
韓国の年齢による割礼の割合の統計が示されています。
割礼された年齢から割礼の起源が示されています。
韓国における割礼する理由が示されています。
韓国男性の割礼の意識調査が示されています。
韓国医師の割礼に関する知識が示されています。

結論
大部分の韓国男性は幼年時ではなく、10代から20年代の思春期に割礼をします。韓国の割礼状況には興味深い特性があり、世界の医学界はそのことを知らないようです。それらは、次の通りです。
1)割礼は、アメリカ人のと接触を通じて最近できた慣習で、50年経てはいないです。
2)この比較的短い期間に韓国男性の大部分は割礼を受け、20代の割礼割合は90%以上です。
3)アメリカなどと違い、幼年期には割礼は行われません。
4)現在の状況は、ほとんど議論されずに行われています。
5)韓国の割礼には宗教的な背景をもちませんが、思春期の時期にまわりの仲間からのプレッシャーにより、行われます。そのため、割礼を行うことが大人への通過儀礼となり、韓国文化と融合されています。
6)割礼の医学的正当性は、アメリカとの初期接触のときに得た情報からなり、現在のアメリカの考えが論争の的となっています。
7)アメリカでの割礼の減少が、アメリカに倣うように韓国医学界にも解釈されてきています。

統計をとった人々は、ソウルの人ですが、ソウルの人口は大部分がソウル以外の都市で育った人たちが集まっています。そのため、ソウルで取った統計は、他の地域も似たような統計になるでしょう。さまざまな年齢、地域の教育的な違い、その他の割礼率のより広範囲で詳細な研究は、著者によって行われています。

ここまで翻訳

包茎手術じゃない、自力包茎克服の指南書を販売してます。
手術が怖い人は こちら を参考にして、克服するといいですよ。