プレストンの考察

当サイトでは、包茎に関する様々な情報を調べています。
現状の結論として、包茎こそが理想的な状態と思っています。


トップへ英語サイトの概要翻訳 ≫プレストンの考察

Whither the Foreskin?

翻訳の前に時代背景
この論文が発表されたのは1970年でして、この頃のアメリカでは新生児に対する割礼が日常化されており、90%以上の新生児に対して割礼が行われていました。そういった状況の中で発表された論文のため、割礼の是非を問う論争がこの後に盛んになっています。

以下翻訳

日常的な新生児への割礼は泌尿器の病気や生殖器のがんを予防するために提唱されていました。しかし、その作業方法は、疑問な方法で行われており即時にもしくは遅れて現れるリスクや他の病気を患うリスク、もしくは両方のリスクが現れる可能性に関係していることがわかりました。これらは、心理学的、性的、医学的な障害をはらむかもしれません。
割礼はペニスおよび前立腺のがんに関係していると考えられています。新生児への割礼が個人衛生のよい慣習をもつ個人に対してがんを保護してくれているという証拠はありません。

新生児の割礼は真性包茎や亀頭包皮炎、鼠蹊リンパ肉芽腫や梅毒等の性病、陰茎癌、前立腺癌など様々な病気を防ぐと推奨されていました。さらに、新生児のときに割礼をしなかった場合、学校でのロッカールームやサマースクールで割礼されていない唯一の人として心理的な苦悩を抱えるかもしれないし、後で包皮切除をすると麻酔などの外科的手術は危険度が増すともされていました。その上、包皮切除された陰茎は美しく、性交ではより喜びを感じることができるとし、ある先生は、「割礼は鼻形成術に相当する美化のためであり、包皮が取り除かれたペニスは、包皮のある軟弱なペニスに比べて直立したときにその美しい器官に注目する」と述べています。

中略
~包皮切除に関する手術の危険性が書かれています。例えば、裂傷にともなう出血や伝染病とか。最近では手術技術は上がっているため省略。~

以下翻訳

日常的に行われている割礼を進める理由は丈夫な歯や骨、通常の心臓能力にするためにではなく、特定の条件の予防をしなければならないためにある点に注目すると興味深いです。ある氏は述べました、「リスクの回避は、利益の享受とは同一視されません。それが、殺さないからそれがあれを助けることを意味しません」

日常的な新生児割礼のために進められる理由のうちの1つは、真性包茎の防止です。実は、医学的に包皮が誕生時にまだ発達過程のため、包茎の存在は生まれた時に決定されることはできません、そして、亀頭と包皮の分離は誕生時では通常不完全です。ある医師は、観察しました:「生まれたばかりの幼児の包皮は、通常亀頭にきつく付着しています。そのため割礼の必要性に関する情報は得られることができません。

中略~
包皮が反転可能になる時期の統計が示されていますが正確性にかける部分のため略
他に癌に関する記述が以下に続きますが、最近では包茎と癌の関係性は否定されていますので略します。

以下結論の翻訳

新生児の慣習的な割礼は不必要なことです。疑わしい点もある予防の情報や発生確率の低い病気の予防など、明確に医学的見解が示されない限り、新生児に対する慣習的な割礼はあってはならないとことです。

ここまで
全文は原文に当たってください。それと、ネットの情報に限らず、二次情報の場合は一次情報に当たるのが鉄則ですから原文を読んでみてください。

包茎手術じゃない、自力包茎克服の指南書を販売してます。
手術が怖い人は こちら を参考にして、克服するといいですよ。