包茎手術の歴史

当サイトでは、包茎に関する様々な情報を調べています。
現状の結論として、包茎こそが理想的な状態と思っています。


トップへ豆知識 ≫包茎手術の歴史

さてはて、包茎手術はいつごろから始まったのでしょう。

宗教上の役割とした包茎手術の割礼が盛んなユダヤ教やイスラム教の根拠として旧約聖書の創世記の記述がありますが、旧約聖書の創世記などは口伝として伝えられていた部分をまとめたもので成立年代は紀元前450年ごろとされています。これ以前から宗教上で割礼されていたと考えられます。
一説にはエジプトの壁画に描かれたり、ミイラが割礼されていたという報告もあり、モーゼがエジプトから出国したこともみてユダヤ教などの割礼の由来はエジプトにありそうですね。他にエジプトでの話ですが、奴隷となった証として割礼を行っていた説もあり、それが、転じて人間が神への信仰の証として始まったとされる説もあります。

他には、コロンブスが新大陸に渡ったときに原住民が割礼していたという説もあり、人の根源的な部分である性器に対するある種の信仰的意味合いで民族を超えて自然発生的に遠く古くから各地で行われているとし、起源を遡ることは無意味とする説もあります。

医学的な包皮切除になると19世紀初頭の医学の教科書に簡単な説明書きが載りはじめています。また19世紀中間から20世紀初頭までの間に包茎手術がもたらす効果として勃起障害、性病、癇癪、夜驚症など多くの病気の治療になると誤解されていました。
その後、1949年にガードナーが生後間もない包茎切除の必要性を否定する見解を発表し、医学の分野では包皮は必要なものとされつつあります。が、未だ決着はついてない模様です。

包茎手術じゃない、自力包茎克服の指南書を販売してます。
手術が怖い人は こちら を参考にして、克服するといいですよ。