包皮再生

当サイトでは、包茎に関する様々な情報を調べています。
現状の結論として、包茎こそが理想的な状態と思っています。


トップへ豆知識 ≫包皮再生

包茎に悩んで、包皮を憎たらしくお思いの方が当サイトを閲覧していると思いますが、世の中不思議なこともあり、包皮を取り戻そうとする方もいるみたいです。
包皮再生自体は遠い昔、古代ローマ時代まで遡って行われていたこともあり、それなりに難しいことではないようです。しかも、かなり一般的なことだったようで、医術の父と呼ばれるガレノス等も手術をおこなっていたみたいで、洗練された外科手術だったようです。
他にも、外科手術にたよらずに「ユダヤのおもり」とばれる包皮に錘をつけって包皮を伸ばすやり方も発明されていました。錘の名前の由来通り、ユダヤ教などの割礼を行った男性が、肉体の改造を嫌うローマやギリシアの環境に溶け込むために包皮を伸ばして割礼したペニスを隠すために使用していたみたいです。

さて、現在の日本ではあまり聞かないことですが、アメリカではにわかに包皮を取り戻す動きがあるようです。アメリカの男性の半分近くは生後まもなくに包皮切除の手術を受けることもあり、1970年代には約90%もの人々が生まれてすぐに包皮をなくしていました。その中で、包皮は重要で述べたことや何も理解しないうちに無くなったものへの喪失感からかはわかりませんが、包皮再生のニーズがアメリカではあるようです。
少し古い記事ですが
男性よ、包皮を取り戻そう――米国に登場した各種の包皮回復器具
上記記事にて包皮再生のやり方が単純に紹介されています。

包茎手術じゃない、自力包茎克服の指南書を販売してます。
手術が怖い人は こちら を参考にして、克服するといいですよ。