包茎手術の種類

当サイトでは、包茎に関する様々な情報を調べています。
現状の結論として、包茎こそが理想的な状態と思っています。


トップへ治療 ≫包茎手術の種類

包茎手術といってもさまざまな種類があり、どの手術が一番適しているかは個々人によって違ってくると思います。一般的な手術方法として環状切開術が広く好まれています。
例としてさまざまな包茎手術を以下に説明していきます。

環状切開術
環状切開術は陰茎を最大限に伸ばした状態で、余分な包皮を環状に切除します。メリットとして、包皮小帯を切除せず、包皮内板もある程度余裕を持って残ります。広く一般的な手術で勃起時のツッパリ感もなく、包皮小帯等を残しますので性感の低下も起きません。デメリットとして縫合部位の手術痕が残る場合があります。

背面切開法
背面切開法は全身麻酔で、亀頭と包皮が癒着している場合はそれを剥がし、包皮の先の狭い開口部を縦に切開し、剥けやすい状態に広げてから縫合する手術です。真性包茎におこなわれる手術で、包皮を切り取るわけではないため術後は仮性包茎になります。一般的に子供に対しておこなわれる手術です。

亀頭直下埋没法
亀頭直下埋没法は勃起時の陰茎(ペニス)の大きさに合わせて余分な包皮を切除し、亀頭のすぐ下で縫合する手術です。最近では多くの美容外科や形成外科などで取り入れられている包茎手術です。

亀頭下環状切開術
亀頭下環状切開術とは、環状切開術と亀頭直下埋没法の長所をあわせた手術です。環状切開術のデメリットである傷跡を目立たなくさせる手術です。ただし、技術のいる手術でもあるので医師選びが必要かもしれません。

根部環状切除術
根部切開法は一般的におこなわれている包皮の先を切除する方法と違い、ペニスの根元の包皮を切除して縫合する手術です。メリットとして、傷跡が目立ちにくいという点があります。ですが、真性包茎や包皮が異常に余っているタイプの方には困難な手術です。

前部環状切開法
前部環状切開法は、余剰包皮を亀頭の近くで切除する手術。手術自体が簡単なうえ腫れも少ないというメリットがありますが、勃起時に傷跡がめだちやすいデメリットがあります。

埋没陰茎矯正術
埋没陰茎矯正術はペニスの根元を2~3cm程度切開し、陰茎と恥骨を固定している靭帯の一部を剥がし、陰茎が埋没してしまわないように糸で固定する手術。メリットとしてペニス自体が長くなり、傷跡が目立たない、デメリットは、軽度の仮性包茎にしか効果がない点。

P.Pレーザー治療法
P.Pレーザー治療法はメスの代わりにレーザーを使って、行われる手術です。手術は亀頭のすぐ下の余分な包皮をレーザーを使い、環状に切除して縫い合わせる包茎手術です。 メスを使う手術より出血を少なくするメリットもありますが、高度の技術を要する手術のため病院選びを慎重に。

恥骨部脂肪吸引術
恥骨部脂肪吸引術は、太ももの付け根を小さく切開し下腹部(特に恥骨部)の皮下脂肪を細い吸引管を使って吸引して、恥骨付近の過剰な皮下脂肪を吸い出し脂肪に埋もれたペニスを出す手術です。

保存療法
保存療法とは、包皮の開口部に、ステロイド軟膏を塗り、徐々に開口部を広げ、包茎を改善していく方法。基本的に真性包茎を仮性の状態にする療法で、1~2ヶ月続け徐々に包皮の開口部を広げます。

ナチュラルピーリング法
ナチュラルピーリング法はむいた状態の皮を美容外科用の細い糸で数ヶ所縫って、むけるクセをつける方法です。 比較的軽度の包茎の方むきで、包皮を切らなくてすむため痛みや傷跡に悩まなくてもすむというメリットがあります。

根元部固定法
根元部固定法は余った包皮を医療用生体接着剤という専用接着剤を使い、ペニスの根元で固定する包茎治療です。メリットして、包皮を切らなくても良いため痛みや傷跡はありませんが、半年ぐらいたつと接着剤の効果が薄れて元に戻ってしまいます。

複合曲線作図法
複合曲線作図法は、個々人の皮の余り具合に合わせ、切除線を亀頭から3~5mmの箇所に設定します。傷跡がきれいに隠れ、手術したことがわからない自然な仕上がりです。この手術方法は上野クリニックだけの技術です。

包茎手術じゃない、自力包茎克服の指南書を販売してます。
手術が怖い人は こちら を参考にして、克服するといいですよ。