デメリット

当サイトでは、包茎に関する様々な情報を調べています。
現状の結論として、包茎こそが理想的な状態と思っています。


トップへ包茎の基礎知識 ≫デメリット

包茎のデメリットを上げてみます。
ですが、ペニスが包皮に包まれていることには、メリットもデメリットもそれほど深刻なものはないんですよ。世間のイメージにて一般的なイメージについて書いた通り、世間一般は誇大妄想?誇大表現となってますからウジウジと考えるのはやめましょう。

さて、デメリットについて

・ 不潔
お風呂で洗えば問題なし。包茎の場合はどうしても亀頭は包皮に覆われて恥垢等がたまりやすい状態にありますので毎日剥いて亀頭を掃除してあげてください。

・ エイズなどの性病に感染しやすくなる
お風呂で洗う習慣があれば問題なし。
たまにこの問題を聞きますが、行為が終わった後に包皮と亀頭の間に病原菌がとどまりやすいため感染しやすくなりますので剥いて掃除してあげてください。
ですが、性病に感染しやすいとか心配するならコンドームの装着を心がけてください。性病は、剥けてたら感染しなかったという甘いものではないですよ。性病に関する情報はこちらをどうぞ

・ 陰茎がん、子宮頸がんになる
お風呂できれいにしておけば問題なし。
恥垢の中の物質に発がん性物質があり、それが発病につながるとされています。でも、最近では否定されてきています。性病の尖圭コンジローマを発病させるヒトパピローマウィルスによってがんが発病されるともいわれていますのでコンドームを装着し、安全な性行為をするのが基本です。

・ 早漏
この問題はやっかいですね。包茎だから早漏とは言い切れない部分もあるんです。
包茎の場合は普段から亀頭は包皮に隠れているため刺激に慣れていないので、早漏になりやすいと通説としてあります。ですが、体質的に早漏の人もいたり、興奮しすぎて早漏になってしまったり等、体調によって早漏な場合もあり一概にいえないんです。
でも、普段刺激に慣れてないのならお風呂で洗うときにゴシゴシ洗って刺激に慣らせばいいですよ。ちなみに私は仮性包茎ですが、どちらかといえばなかなかいくことができない遅漏ですね。

さて、上記が包茎のデメリットとして上げれる部分ですが、呼んでみてわかるとおり毎日お風呂で清潔にしておけば、問題ないということです。でも、真性の場合は、剥いて亀頭を洗うことが困難ですからどうにかしないと問題がおきるかもしれません。

それと、直接のデメリットではありませんが、世間のイメージからの影響で心理的に包茎であることが自身の不信感としてある点がありますね。直接的なデメリットよりも心理的な自己イメージへの影響のほうがデメリットとして大きいかもしれません。

包茎手術じゃない、自力包茎克服の指南書を販売してます。
手術が怖い人は こちら を参考にして、克服するといいですよ。